nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

エステティックTBCに対して労基署から「是正勧告」

女性は現在、精神疾患で休職中

 

休憩時間ほとんど無し

約280万円の残業代も未払い

 

エステティックTBCの女性社員が労働基準監督署に訴えました

労働基準監督署から、エステ業界大手「エステティックTBC」の福岡県の店舗に対して、是正勧告が出されました

 

労基署は無料で相談に乗ってくれます

我慢するべき事と、我慢してはいけない事があり舞う

ブラックで働くと言う事は、ブラックを助長し、ブラック企業を下支えすることになります

 

その際に重要になるのは客観的な証拠です

刑事事件で採用されるような厳粛な証拠でなくてもかまいません

 

労働法違反になる事を把握して、その実態があれば記録する事です

 

何月何日 何があった (誰と) そういう記録があれば労基署も動けます

 

 

訴えた女性は

「早く誰もが安心して働ける環境を作りたい。TBCには、子供がいても働きやすい会社になってほしい」

「長時間労働で、子どもとかかわる時間が雑な感じでした」

「残業で延長保育にすることもあった」

「休みも取れなくて、子どもの運動会の日に休みを希望しても、希望が通らなかった」

と語たりました。

 

過労が原因で子供に対してつらく当たってしまった事もあるとか

 

始業時間の2時間ほど前の出社が常態化
無理なローテーション

休憩時間もカルテ記入や電話対応

終業時間後の仕事もあった

実質「過労死ライン」と言われる、月80時間ほどの時間外労働をした月があったという

 

ブラック企業は、人を、家族を、子供を、社会を不幸にしますね

 

 

 

女性が加入する労働組合「エステ・ユニオン」は

「全国約200店舗でも同様の法令違反が予想される」

と警鐘を鳴らします。

 

 

 

是正勧告の内容には含まれていないが、別の問題もある

TBC内で「自己購入」と呼ばれるノルマがあった

自社商品の自腹購入を断れない職場環境であったという

購入額は多くて月4、5万円、少ない月でも1万円前後あったそうだ。

 

「目標というプレッシャーの中で働いていて、自己購入をほとんど毎月していました。それで辞めていくスタッフや体調を崩すスタッフもいてつらかった」

 

これは断るべきでしたね

その上で強要されたら労基署に相談です

 

 

昔は年賀はがきの自腹購入もあったとか、なかったとかw

 


たかの友梨ビューティークリニックもブラック企業大賞にノミネートされたことがありましたっけね

たかのもTBCもエステの評判は良いのですけどね

中で働いている人は大変だったんですね

 

 

社員をうつ病に追い込み、退職させる方法を書いた愛知県の社会保険労務士のブログが物議をかもした問題を思い出しました

このケースは退職に追い込んだ訳では無いんですけどね

 

ブラック企業対策ユニオンの仕事は増える一方ですね

 

労働者が社会のパーツではなくて、働く人間なのだという当たり前の社会になってもらいたいですね