読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

推理小説作家の夏樹静子さん死去

ニュース(国内) 訃報

 社会派推理小説の名手、女流作家の夏樹静子(なつきしずこ)本名「出光静子(いでみつしずこ)」さんが、福岡市内の病院で19日午前3時10分死去した。

 死因は心不全で享年77歳。

 

 通夜と告別式は福岡市中央区古小烏町70の1ユウベル積善社福岡斎場にて、喪主で夫の出光芳秀さんが執り行う。

 通夜は24日午後6時から、告別式は25日正午から。

 

 

 

〇夏樹静子 

 東京都生まれで、慶応大学卒。

 63年に結婚し、福岡市に移住。

 69年に母性をテーマにした「天使が消えていく」が江戸川乱歩賞候補になったのを契機に本格的な執筆活動に入る。

 73年に「蒸発」で日本推理作家協会賞を受賞。

 89年には「第三の女」がフランス犯罪小説大賞(ロマン・アバンチュール賞)を受賞。

 82年の「Wの悲劇」は、薬師丸ひろ子主演で映画化されヒットした。
 裁判に関心が高く、日本司法支援センター法テラス)顧問も務めた。

 

 兄は小説家でミストラル社長の五十嵐均。

 夫は新出光社長の出光芳秀(いでみつ よしひで、1937年4月26日 - )出光佐三の甥にあたる。

 長男は俳優の出光秀一郎