読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

甘利明元大臣の元秘書が「800万円受け取った」と供述した

ニュース(国内) 事件 政治

 甘利明元大臣が会見で明かした「菓子箱に入った600万円」の他に、800万円の現金を受け取っていたようだ。

 

 甘利明とUR、甘利明とあっせん利得処罰法の捜査に進展があった。

 

 「甘利明内閣府特命担当大臣(経済財政政策)の元秘書が、URと千葉県内の道路建設工事を巡る金銭授受問題で、特捜部の任意の聴取を受けた際に、

「600万円の他に800万円受け取った」

「頻繁に飲食接待も受けた」

「一色氏と50回以上会って、800万円余りを受け取った」

「補償案が出た時点、その前後、必ず連絡して会うようにしていました。昼間じゃなくて夜ですね。(1回会うたび)15万円。5万とか10万プラスされた時もあります」

と供述したという。

 

 甘利明前大臣が涙ながらに会見を行い、「政治家の美学」を示したはずだったが、甘利明前大臣側が600万円の他に「800万円を受け取っていた」となれば、「あの会見はなんだったのか?」と言う話になる。

 

 甘利明内閣府特命担当大臣は、外部の弁護士に調査をさせて、会見で全てを語ったはずであったのだ。

 東京地検特捜部の取り調べで、「叩いたら埃が出た」結果となってしまったようだ。

 

 

 東京地検特捜部は、URと千葉県内の道路建設工事を巡って、甘利明前大臣による「あっせん利得処罰法違反」の容疑を固めるために、UR本社や建設会社「薩摩興業」などを家宅捜索した。

 東京地検特捜部は、甘利明前大臣側に口利き(あっせん利得処罰法違反)の事実があったのか、慎重に捜査を進めている。

 

 

甘利明自民党議員の問題は、URあっせん利得処罰法違反だけではない

 

東京電力からの献金問題や補助金企業からの献金問題もあった。


高額な事務所費問題

 甘利明元大臣の資金管理団体が計上した事務所費と、事務所の実際の家賃との間に、大幅な金額差が指摘された。

 

政治資金パーティー問題

 甘利明元大臣は、2013年と2014年の2年間で、合計6回の1千万円以上の政治資金パーティーを開いた。

政府が閣議決定している大臣規範では

「国民の疑惑を招きかねない大規模なパーティーは自粛する」

と定められている。

 

 

甘利明」元内閣府特命担当大臣は金の問題だけでは無い

三宅雪子の転倒騒動があった

2010年5月12日、衆議院内閣委員会の国家公務員法改正案審議中に、民主党三宅雪子議員を転倒させたとして、民主党から懲罰動議が提出された事があった。

 これに対して甘利明自民党議員は

「全く三宅さんには触れていない」

「はめられた、と思った」

と疑惑を全面的に否定した。

 

 

ここで注目したいのは、この三宅雪子民主党議員の転倒騒動の際にも

「はめられた」

という内容の発言が出ていた点である。

 

URとのあっせん利得処罰法違反に関する会見でも、自民党議員の中からは

「甘利大臣は、はめられた」

と言う様な発言だ飛び出している。

 

密室の大臣室の中で、2度にわたって現金を受け取っておきながら

「何がはめられた」

のだろうか。

理解に苦しむ

 

徹底的な捜査を望むところである