nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

パナマ文書で租税回避が疑われる大物政治家

 タックス・ヘイブン国を利用した節税は違法ではないが、税を徴収する立場の政治家には許されない事である。

 

 現時点で「パナマ文書(パナマ・ペーパー)」に名前が挙がった世界各国の大物政治家とその周辺関係者の名前は

 

グンロイグソン=アイスランド首相

(この問題を受けて辞任)

 

キャメロン=英首相の亡父

(首相就任前にタックス・ヘイブン国での資産運用を認める)

 

ラザレンコ=元ウクライナ首相

(米国で服役して、後に財産を差し押さえられた)

 

習近平=中国国家主席の義兄

李鵬=元中国首相の娘

サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ=サウジアラビア国王

アサド=シリア大統領のいとこ

ムバラク=元エジプト大統領の子

プーチン=露大統領の仲間

 

独裁体制の国家でも租税回避が行われる事は興味深い

第3国の金融商品で資産を運用するという事なのだろうか

 

 どこか1か国で納税すれば、別の国で2重課税は行わないのが世界的な通例である。

日本は56か国と租税協定を締結している。米国の様に例外的なケースもある。

 

 

マクリ=アルゼンチン大統領

イヴァニシヴィリ=元ジョージア首相

アラウィ=元イラク副大統領

アリ・アブ・アル・ラゲブ=ヨルダン元首相

ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アル・サーニー=元カタール首相

ハマド・ビン・ハリーファ・アル・サーニー=元カタール首長

アフマド・アル・ミルガニ=元スーダン大統領

ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン=アラブ首長国連邦大統領

ポロシェンコ=ウクライナ大統領

アリエフ=アゼルバイジャン大統領の妻・子・妹

モハメッド4世=元モロッコ国王の秘書

シャリフ=パキスタン首相の子たち

クフオル=元ガーナ大統領の長男

ラザク=マレーシア首相の子

キルヒナー=元アルゼンチン大統領の秘書

ニエト=元メキシコ大統領のお仲間ビジネスマン

カルロス1世=元スペイン国王の姉

バグボ=元コートジボアール大統領のお仲間の銀行家

ズマ=南アフリカ大統領の甥

コンテ=元ギニア共和国大統領の未亡人

 

 

 日本の政治家の名前は、現時点では出てきていないようだ

 これは、日本の政治家のモラルが高いと言うよりも、タックス・ヘイブンに頼らなくても「美味しい思いが出来るから」と見るべきだろうか

 甘利元大臣ではないが、容易に「裏金」を作れるシステムなのであろう

 

 

 日本に関連するものでは、大企業の名前が挙がっている

ペーパー・カンパニーによる税逃れであれば、それは脱税であり犯罪行為である。

実体のある現地法人が現地にて経済活動を行っているのであれば、それは合法的な節税であろう。