読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

熊本大震災 ツイッターに救助要請が多数 政府対応やNHKに批判が続出

 政府の人道支援の枠から外れた人々が、ツイッターで悲痛な救援支援を求めている

 

ツイッターの書き込みを拾ってみた

 

「倒壊・孤立・助けて」

 

「建物崩壊で何名かの人が生き埋めになっています。場所がここだけ孤立しているみたいなのでお願いします」

 

東海大学農学部付近 橋が崩れ孤立状況です」

 

「小学校旧校舎 数百人避難してます 何もありません たすけてください」

 

「たくさんの皆様のおかげで、ヘリが救助にきてます。本当にありがとうございました。ただまだここ南阿蘇村はテレビで映ってる通り孤立状態です。目の見える範囲に阿蘇山もあります。どうにか私たち学生の声を聞いてください。助けてください。迅速な救助をお願いします」

 

南阿蘇村にて、東海大学阿蘇キャンパスの学生6名、車中にて救助を待っていますがヘリコプター以外の救助は不可能な状況です。共に救助を待っている学生の保護者と連絡がつきません」

 

 

 デマと思えるような書き込みも見受けられるが、孤立した被災者による悲痛な書き込みもある。

 1分でも早く救助される事を祈るしかない。


 この時点で、熊本大震災の被害による死亡者数は20名にのぼった。

 今でも、閉じ込められている人や、行方不明者が多く残されている。

 

 

 

 

 政府は15日に「全避難者の屋内避難」の方針を示した。

 

 熊本大地震が発生した14日夜に、熊本市の中心部や益城町などで屋外避難をする被災者が目立った。

 政府は屋内に避難させるよう自治体に求める方針を決めた。

 

 松本副内閣相が、河野(太郎)防災担当相から「今日中に青空避難所というのは解消してくれ」との要請を受けたようだ。

 

熊本県蒲島郁夫知事は

「現場の気持ちが分かっていない」

「避難所が足りなくてみなさんがあそこに出たわけではない。余震が怖くて部屋の中にいられないから出たんだ。」

と政府の方針を批判した。