nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

妊産婦の自殺者数が10年間で東京23区だけで63人いた 

うつ病などで自殺した妊産婦の自殺者数が、10年間で東京23区だけで63人いたのが、順天堂大と東京都の調査で明らかになった。 

 堂大と東京都の調査は2005年から2014年に実施された。

 妊産婦の自殺者を調査したのは、今回が初めてだという。

 

 妊娠中から産後1年までに自殺や交通事故などで突然死した妊産婦の89人のうち、63人が自殺だったという。

 妊娠中に自殺した23人では妊娠2カ月の妊婦が最も多く、妊産婦の自殺者全体の約4割がうつ病などと診断されていたという。

 産後に自殺した40人では、出産後4カ月後が自殺のピークで、全体の約6割がうつ病などと診断されていたという。

 

 出生数10万人あたり約6人が自殺している計算になり、これまで把握されてきた妊産婦の死亡数の1・5倍が自殺で亡くなっているとみられる。

 

 東京23区では、出産に伴う出血などで死亡する妊産婦は、出生数10万人あたり約4人だという。

 

 

調査に参加した順天堂大の竹田省教授は

「全国的な調査が必要だ。

妊娠中や周産期のメンタルヘルス対策を充実させることが重要になる」

と問題を提起した。

 

 

専門家は

うつ病になったことがある妊婦らの精神的なケアをできる態勢が必要」

とコメントした。

 

 

 

何をやっても泣き止まない赤子

3時間おきに泣いて乳を欲しがる赤子

誰でも「うつ」になる可能性があると思います。

 

核家族化が進む近代日本では

国によるケアも必要だと思われる