読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

天文衛星ひとみ 単純な人的ミスで運用断念

ニュース(国内) 事故・災害

 JAXAが米航空宇宙局(NASA)などと共同で開発した、最新鋭のエックス線天文衛星ひとみが、10個以上の破片に分裂して大破した。

 JAXA宇宙航空研究開発機構)は、4月28日、通信が途絶したエックス線天文衛星「ひとみ」の運用断念を決定した。

 日本側の開発費負担額は310億円に上り、損害額はそれ以上になるだろう。

 

 エックス線天文衛星「ひとみ」は、最新鋭のエックス線観測衛星で、もし順調に運用できていたなら本年5月には本格観測を開始する予定であった。

 ブラックホールなどを観測して、宇宙の成り立ちや進化の謎の解明に挑む予定であった。

 

 ひとみは今年2月に、鹿児島県種子島宇宙センターからH2Aロケットで打ち上げられた。

打ち上げには成功したが、3月26日以降、ひとみが発する電波を地上で正常に受信できなくなってしまった。

 

 あらかじめ入力されていた設定値が誤っていたため、ひとみの回転が想定より高速回転になってしまったようだ。

 想定を超える高速回転を続ければ、衛星本体に損傷が生じる恐れがあるために、回転を止めるためにエンジンが自動噴射されたが、あらかじめ入力されていた設定値が誤っていたために、回転がさらに速まっってしまったという。

 パワーソースであるソーラーパネル等、10個以上の部品が脱落したと思われる。

 

 


結果的にみると

 

NASAと共同で、時間と労力を費やして開発して
日本が310億円の税金を投じて完成させた観測衛星「ひとみ」

H2Aロケットで打ち上げに成功したが

単純なプログラムミスによって高速回転して分解した

 

 

問題はこの後なんです

おそらく、責任の所在を追求しないまま

同じ人材で、同じようなルーティーンで作業を続けるのだと思います。

 

こんな事だから「税金で遊んでいる」と言われてしまいますよね