読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

宇都宮市内にある小学校の給食から基準値を超えるセシウムが検出された

 宇都宮市内の小学校で、学童に提供された学校給食のタケノコご飯から、基準値を超える線量のセシウムが検出された。

 学校給食のタケノコご飯から基準値超えのセシウムが検出されたのは5月10日で、翌日11日に公表された。

 セシウム被曝していたのは、タケノコご飯の中のタケノコで、基準値1kg/100ベクレルを超える234ベクレル放射性セシウムが検出された。

 

 宇都宮市によると、5月10日の学校給食で、小学校の児童531人が食べたタケノコごはんを簡易検査した。

 その結果、基準を超える放射性セシウムが疑われたため、栃木県林業センターで精密測定を実施し、234ベクレルを検出したという。

 

 県環境森林部がタケノコの出荷者に事情を聴いたところ、出荷制限がかかっていない宇都宮市産に、出荷制限区域のタケノコが交じっていた可能性があるという事が判明した。

 

 

 国が定めた100ベクレルという基準値が、必ずしも安全と言う訳では無い。

フクシマの作業員の中には、低レベル汚染によって被曝症を発症した人が複数いる。

 放射能に対する抵抗力は個人差がある。

 

 声高に謳われる「食の安全」は、根拠の無い安全神話である。

 産地偽装は横行しており、それを監視するシステムは皆無である。

 

 最近では「みのりフーズ」による廃棄食品の横流し事件が記憶に新しい。

 問屋業者が「やろう」と思えば「何を混ぜても」分からないのだ。

 

 問屋だけでは無い

 流通の段階で、産地を偽装するケースもある。

 白ナンバーのトラックによる産地偽装問題が有名だ。