nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

中国共産党がスパイ容疑をかけた邦人を起訴した

 中国当局からスパイ容疑をかけられた邦人男性は、中国浙江省温州市に属する沖合の島にある軍事施設の周辺で拘束されたという。

 スパイ容疑の邦人男性は、2015年5月頃に、軍事施設周辺で大量の写真を撮影していたとされている。中国外務省は、この邦人男性について、「スパイ活動に従事していた」と断定した。

 

 おそらく一般旅行者であろう不運な邦人男性は、中国浙江省の検察当局から、浙江省の裁判所に起訴されてしまったという。

 起訴内容は明らかされていないが、「スパイ活動」に関する刑事訴訟であるとみられている。

 

 

 一般渡航者と思われる邦人が、中国当局からスパイ容疑で拘束されるケースは他にもある。

 2015年の5月~6月に、北京・上海・遼寧省で日本人渡航者の男女3名が「スパイ容疑」で拘束された。

 中国では、2014年11月に「反スパイ法」を施行し、国内外の組織や個人が国家機密や情報を盗んだり、国家の安全に危害を及ぼす活動を「スパイ行為」と認定し摘発を強化している。

 

 

 

 普通の国家であれば、国防の為にもスパイを組織して、各国の動向を探るものですが、日本にはそのような組織がないのではないかと懸念しております。

 日本のスパイが優秀で隠密性が高くて、日本国民にもその存在が知られていないのならば喜ばしい事なのですが、予算が国会の報告のとおりに使われているのであれば、わが国には諜報機関は無いと思われます。

 

 軍事独裁国家は、他国のスパイ活動には敏感です。

 一般的な渡航者でも、疑いの目で見ればスパイに見えてしまいます。

 旅行中に撮影した画像の中に、軍事施設・警察や公安・国によっては空港や鉄道などのインフラを撮影しただけでアウトになります。

 

 日本の司法もひどいものですけど、中国はもっと酷いと思います。

 死刑判決が出た数十分後には、裁判所の裏で銃殺刑が執行されてしまうお国柄ですからね。

 

 旅行者が誰も訪れない様な僻地にある軍事施設を撮影していたのならまだしも、北京や上海のような大都市でもスパイ容疑で拘束された法人がおります。

 中国での撮影にはご注意ください