読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

イスラム系武装組織に拘束されているフリージャーナリストの安田純平氏 新画像公開

 2016年3月に、イスラム系武装組織「ヌスラ戦線」に拘束された安田さんの映像が公開されていたが、この度、フリージャーナリストの安田純平氏の新たな画像が公開された。

 

 「日本で最も多く拘束された男」の異名を持つフリージャーナリストの安田純平氏は、2015年6月に、トルコ南部からシリアに入った直後に行方が分からなくなってた。ガイド役にハメられて、シリア入国後に即拘束されたという見方が強い。

 その後、国際テロ組織アルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」に拘束されている可能性が極めて濃厚となった。

 

公開された画像には、フリージャーナリストの安田純平氏がオレンジ色の洋服を着て写っており、

「助けてください。

これが最後のチャンスです

安田純平

と書かれた紙を持っている。

 

 この画像の男性を、日本政府は安田純平氏本人と確認したという。

 

 

 この安田純平の新画像をNNNに提供したのは、国際テロ組織アルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」から安田さんの解放交渉を請け負い、日本政府との交渉を求めていると主張する男性である。

 

この交渉役の男性は

「本年3月の映像公開の後も、日本政府が深刻にとらえず、交渉に動かなかったので、ヌスラ戦線は新たに公開を決めた」

「ヌスラ戦線は、日本政府との解放交渉を本格化させたいとして新たな画像を公開した」

と主張しているという。

 交渉(多額の身代金の受け渡し)が進まない事に対して、アルカイダ系テロ組織「ヌスラ戦線」側が新たなカードを切ったようだ。

 

 

 

 身代金を募金で調達するのなら話は分かりますけど、日本の税金で拠出するのは国民の理解が得られないと思います。

 更なる誘拐事件を誘発するだけです。

 

私的理由・営利目的(取材)で危険地帯に入国

テロ組織に拘束される

国民の税金から身代金を出す=テロ組織の支援

 

このような構造を構築する訳には行きません