読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

北京の小学校で鼻血を出す児童が多数

 中国当局は、北京にある複数の小学校で、校庭の人工芝で遊んだ児童らが体調不良を起こしたとの報告を受けて、市内の複数の小学校運動場の調査を実施した。

 

 小学校の運動場にある人工芝を利用した児童らが、鼻血を出したりアレルギー症状を発症したという。

 

 中国当局は先週から調査を開始した。

中国当局の調査開始を受け、インターネット上では不安の声や批判が飛び交っている。

子どもを守るという国の義務履行に疑問の声を上げる人も多い。

 

 今回の事例は、首都の富裕層や党の子弟らが通う学校で起きたことから、当局も本腰を入れて調査を行っているようだ。当局は早期の対応を約束し、運動場の建設に使われた資材の報告書を来週には発表するという。

 

 

 中国の安全問題は今に始まった事では無い。

安全基準が大きな問題となっている中国では、健康不安が国民的な問題となっている。

そもそも北京では、正常な空気を吸う事さえも難しい。

 2016年4月には、閉鎖された化学工場の跡地近くに移転した学校の生徒約500人が、白血病やリンパ腫などを発症する問題が明らかになっている。

 水面下では明らかになっていない健康被害も多数あるとみられている。

 

 

 

中国政府が、国民の健康よりも企業の利益を優先した結果ですね

数々の公害・人災を起こしてきた日本政府もそうでしたけどね