nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

習主席「南シナ海権益放棄せず」 国際仲裁裁判所の判決前に演説

 2016年7月1日の北京・人民大会堂で開催された党創立95周年の祝賀大会で、中国共産党習近平総書記(シー・チンピン国家主席)は、

 

「中国はわれわれの正当な権益を決して放棄しない。

どの国もわれわれが核心的利益を差し出すと期待してはならない」

 

「権益を守るために事を起こさないが、事が他国によって起きても恐れない」

と演説した。

 

 南シナ海の領有権をめぐる国際仲裁裁判所の判決が、今月の12日に出ることを踏まえて、内外に対して一歩も引かない強硬姿勢を示した。

 

 中国政府は南シナ海のほぼ全ての領有権を主張しているが、歴史的にも国際法上も根拠のないもので、中国共産党による一方的な主張である。

 国際仲裁裁判所の判決は、買収でも行わない限りは中国に不利な内容になると予想される。

 

 

 

興味深いのは「国際仲裁裁判所の判決が出る」と言う事です

日本でも竹島問題を抱えていますが、

日本の政府とマスコミの主張は

「相手国が同意しなければ国際法廷で争えない」

というものです。

 

フィリピンが南シナ海の占領を目論む中国を訴えたという事実を、日本のマスコミはどのように報道するのでしょうか

竹島問題を、国際仲裁裁判所の場で争う方法があるのではないでしょうか