nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

イラクのバグダッドで爆弾テロ 130人以上が死亡

 イスラム教にとって重要な宗教儀式である断食月ラマダン」期間中に、世界各地でテロが相次いでいる。

 

 2016年7月3日にイラクの首都バグダッドで、爆発テロが立て続けに2件発生し、これまでに130人以上の死亡が確認された。

 

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラの報道によると、首都バグダッドの中心部にある商業地区で、大量の爆発物を積載した車が爆発し、これまでに131人の死亡が確認され、約200人以上が負傷したという。

 

 ラマダン期間中という事もあり、爆弾テロ事件の現場は、夜遅くまで多くの人でにぎわっていたとようだ。

 

 同じ日に、バグダッド東部の市場でも爆発テロが発生し、5人の死亡が確認された。

 

このうち1件のテロ事件について、過激派イスラム組織IS(イスラム国)が

イスラム国はイスラムシーア派を狙った」

とする犯行声明を出した。

 

 イスラム国は、ラマダン期間中に各地でテロを起こすよう呼びかけていた。実際にトルコやバングラデシュなどで、イスラム教過激派によるテロ事件が相次いで発生した。

 

 

 

ソフトターゲットの対象は外国人です

イスラム圏への渡航の際は、十分に警戒して欲しいです