nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

ハワイアン航空機が羽田空港の滑走路を9時間封鎖

 2016年7月18日にハワイアン航空458便が、離陸後に油圧計の不具合の為、羽田空港緊急着陸した。

緊急着陸後に8本のタイヤがパンクし、油漏れも確認できたために、9時間以上にわたって滑走路を封鎖した。

 

 この影響によって、日本航空は国内線14便を欠航とし、全日空は一部の便で遅延が発生した。

 

 ハワイアン航空458便は、羽田深夜発→ホノルル行きで、機材はエアバスA330型機を使用していた。

 乗客・乗員合わせて293名にケガは無かったという。

 

 

ハワイアン航空458便に乗り合わせた乗客は

「離陸して30分位したら、機内の様子がおかしかった、クルーたちが慌ただしくしていた」
「明らかに普段の着陸とは違う感じ。いつもより大きい変な音がした」

「ドンドン、ガガガガガという異音を聞いた」

などと話している。

 

   ハワイアン航空458便は、午前1:30過ぎに羽田空港緊急着陸して滑走路を封鎖した。滑走路上での作業は午前10:45まで続いた。

 

 

 

 

C滑走路の偽装工事問題が、ここにも影響しているような気がする