nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

米国・英国・仏国・タイ王国・中国・韓国に「日本と言えば?」という質問を投げてみた

公益財団法人の新聞通信調査会が、米国・英国・仏国・タイ王国・中国・韓国の6カ国に対して行った

 

「日本と聞いて思い浮かべること」

という質問に対する各国の反応

 

(アンケート調査は2016年1月~2月に実施し、各国約1千人の回答を得た)

 

米国「第2次世界大戦・原爆・真珠湾

 

英国「日本食・すし・生魚」

 

フランス「文化・文明・伝統・芸術」

 

タイ王国「日本食・すし・刺し身・ラーメン」

 

中国「抗日戦争・中国侵略」

 

韓国「嫌い・不快・不信」

 

 

日本に対する好感度は

タイ王国が最高の90・8%

米国78・6%

フランス73・2%

英国69・7%

韓国32・3%

中国27・8%

 

 

 

あまり知られていませんけど、タイ王国と日本は同盟国だったんですよね

タイにもバミーがあるのですけど、日式ラーメンとは別の扱いですね

 

米国は第2次世界大戦を連想する人が多かったのですけど、好感度は良いのですね

沖縄米軍基地問題も考えて欲しいですね

 

スランスから文化・伝統と言われると、おもはゆい気がしますね

フランスは「王の血統」が失われていますからね

 

英国では戦争の印象が消えているのでしょうか

ヨーロッパ戦線に比べると、東亜の植民地での戦争は局地戦と言う扱いなのでしょうか

 

韓国「嫌い・不信・不快」

それでも好感度が中国よりも良いんですよね

わずかな差ですけど

 

中国は予想通りですかね

抗日・反日が国是のような体制ですからね