読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

神戸山手短期大学が募集停止 2019年に廃止の予定

 1950年に全国で最初に開学した短期大学149校のうちの1校で、兵庫県庁の北側に位置し、就職にも強い名門短大として知られた神戸山手短期大学が、2018年から新入生の募集を停止するという。

 

 廃止の理由は、学校が乱立し、神戸山手短期大学の学生数が減り、定員割れにより財政悪化などが理由だという。神戸山手短期大学は、2016年4月に2学科を廃止していた。

 

 同学園が運営する神戸山手大と、神戸山手女子中学校、神戸山手女子高校は存続するという。

 神戸山手大は、昨年には経営悪化で閉校した神戸夙川学院大の学生を受け入れていた。

 

 

 神戸山手短期大学は、1999年には学生数が1847人に達したという。

その後、少子化で生徒数は右肩下がりで減少し、2004年には女子校から共学校に転換し生徒数の確保を図ったが生徒の減少には歯止めがかからず、2016年の学生数は172人であったという。学科や定員を減らして対応したが、定員割れが続いていた。

 

 

同学園の前田大(ひろし)法人本部長は、

少子化に加え、女子学生の四年制大学志向の高まりが大きい。

特に教養系短大を取り巻く状況は厳しく、学園として苦渋の決断をした」

と話した。

 

 

 

人気の有名校は、受験料ビジネスだけで潤っているんですけどね。

小泉元首相による学校法人解禁=既存の学校制度の破壊による影響も大きいと思われます。

 

誰の為の学校なのか

そこは忘れないでもらいたいですね