読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

朝鮮総連が弱体化しているようだ

 朝鮮総連は1990年代の半ばから急速に衰退し、全盛期の53万人から8万人規模にまで減少しているという。

 

 朝鮮総連在日本朝鮮人総連合会の事で、1955年に結成された。

最盛期は53万人が加入していたが、今では日本政府の推計活動人数が8万人にまで減少しているという。

 北朝鮮への制裁措置を強めれば、更なる組織の弱体化が見込めるかもしれない。

 

 日本政府は、2006年に北朝鮮が強行した核実験を受け、日本から北朝鮮に向かうヒト、モノ、カネの流れを規制する一連の制裁措置を取った。

 同時期に米国も北朝鮮への高級品の流入を制限しており、一定の成果を上げていた。北朝鮮では、忠誠を誓う者に対して高級品を贈与して人心を掌握していた。

 しかし、安倍政権が2014年5月に、日本人拉致問題の再調査を理由として、北朝鮮への制裁を一部解除してしまった。

 日本人拉致問題は一切進展を見せず、結果として敵に塩を送っただけとなってしまった。

安倍政権は、北朝鮮の核実験を理由として、2016年2月に自らが解除した制裁措置を復活させた。

 総連幹部らの訪朝後の再入国原則禁止などを復活させ、北朝鮮への送金は10万円以下の人道目的を除いて原則禁止としたが、送金額を少額に分ければ、ほぼ無制限に北朝鮮への送金が可能になっている。

 

 

 日本の法務省は、日本で暮らしている在日朝鮮人の中で、「朝鮮籍」を持つ人の人数が約3万4000人(2015年末の時点)と発表した。

 

 「朝鮮籍」とは、日本の敗戦直後に、朝鮮半島に帰らずに日本に残った朝鮮人に対して日本政府が付与した国籍であるが、日本政府は朝鮮人の帰国事業を実行していた。

 しかし、朝鮮半島に帰国した朝鮮人が、日本人用の帰国船に便乗して、再度日本に舞い戻ってくるという事例が相次いだ。


 大韓民国建国後にも韓国籍を取らずに、日本に帰化して日本国籍も取得せず、当時の国籍をそのまま持ち続けている人達が現在の朝鮮籍保持者である。
 その人数が3万4000人ということは、朝鮮総連で活動する8万人のうち半分以上が韓国籍または日本国籍を取得したという事になる。

 

 

 

単純に「帰化人が増加した」という事なのかもしれませんね