読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nazonanazoのブログ

時事ネタに軽くタッチします

松戸のベトナム人女児殺害事件で渋谷恭正(46歳)容疑者を逮捕

  千葉県我孫子市ベトナム人女児の他殺体が見つかった事件で、千葉県我孫子署の捜査本部は渋谷恭正(46歳)容疑者を逮捕した。

 

 被害にあったのはベトナム国籍で松戸市六実5丁目に住む小学3年生のレェ・ティ・ニャット・リン(9歳)ちゃん。

 司法解剖によると、死因は窒息死の可能性が高いとみられている。

 ベトナムに帰国中の両親は、容疑者逮捕を受けて日本に訪日するという。

 

 女児殺害容疑で逮捕された渋谷恭正(46歳)容疑者は、殺害されたリンちゃんが通っていた松戸市立六実第二小学校の保護者会「二小会」の会長を務めており、児童の通学の際には見守り活動を行っていた。

 「見守り活動」に乗じて女児を物色していたのだろうか

 

 渋谷恭正(46歳)容疑者は、親から多額の資産を相続しており、不動産を回すなどして生計を立てていたようだ。

 

 リンちゃんの遺族がベトナムに帰国するための旅費を集めたり、寄付を募る文書を保護者たちに配布していた。

 リンちゃんのご両親に渡された文書には

「皆様からの募金につきましては、

4月15日以降に日本に戻ってこられるご遺族に二小会よりお渡しすることになっています」

と記されていたという。

 

 リンちゃんは死体遺棄現場とは別の場所で殺害されたとみられており、渋谷恭正(46歳)容疑者が所有するキャンピングカーを重点的に捜査居ている。

 我孫子市死体遺棄現場の遺留物から採取したDNA型が、渋谷恭正(46歳)容疑者のDNA型と酷似しているいう。

 

渋谷恭正(46歳)容疑者は黙秘を続けている

 

 

渋谷恭正(46歳)容疑者を知る人の話では

「地域の見守りをリーダーシップを取ってやっていた」

と言う話が聞かれたが

 

「小さい子供が好きだった」

「可愛い中学生(JS)を見かけてコンタクトを取っていた」

などの情報も出ている。

 

事件の解明が求められる

 

 

 

「見守り活動」を悪用して女児の警戒心を取り除いたのでしょうか

 

女児殺害事件は幾度も発生していますが、外国人の女児が被害者になる国になったのですね

ご冥福をお祈りいたします